【肌コンディションを整える】40代に合った基礎化粧品の活用法

笑顔

老化から肌を守ろう

美容液

早めの対策が必要

40代は、本気の肌対策を始める時期でこれを怠ると50代になってから後悔することになります。50代は、ほとんどの人が閉経を迎え女性ホルモンが激減する時期でもありこのため肌の老化は加速します。早めに肌対策をしておけば肌の急激な老化は抑えることが出来るのです。40代の、まだ女性ホルモンが体内に十分ある時期に肌をしっかり守り、そして老化に負けない肌作りをすることが大切です。40代のエイジングケアは基礎化粧品を見直す事から始めることが必要です。老化予防の基礎化粧品として注目されている成分はビタミンC誘導体やレチノール、プラセンタなどがあげられます。ビタミンC誘導体は、肌のコラーゲンの分泌を促しハリと潤いを与えます。

正しい使い方をしよう

レチノールは、ビタミンAの1種で肌の新陳代謝を促しコラーゲンを増やす働きをします。プラセンタは、豚や馬の胎盤から抽出された成分で抗酸化作用を持ち酸化した肌を改善する働きがあります40代の基礎化粧品は、エイジングケアを考えた有効成分を持つものを選ぶことが大切ですが、使用法も正しくないと効果がありません。化粧水をつけるときにパッティングするのは肌を傷める原因となるのでこれは丁寧に肌を包み込むようにつけましょう。また、化粧水をつけたあとに乳液でそれをフタをするという考えをしている人がいます。乳液は化粧水でやわらかくなった肌にさらに不足している美容成分をとどける役割を担っているのです。40代の基礎化粧品は、化粧水よりさらに高い保湿成分を持った乳液を選ぶことをおすすめします。